【2019年シーズン】国内女子ツアーシード選手|初シード・復帰組やシード喪失選手もまとめて紹介

女子ゴルフ

「大王製紙エリエールレディス」が終了し国内女子ゴルフツアーの2019年シード選手が確定しました

2018年シーズンは黄金世代を中心とした若手の台頭が目立ったように感じましたが、みなさんの注目選手の活躍はどうだったでしょうか

今回は2019年のシード選手(賞金・複数年等)を紹介するとともに、初シードや復帰組そしてシード喪失選手などをまとめてみましたので参考にしてみて下さい

 

▼QTランキング上位者はこちらの記事で

2018年度ファイナルQTの成績|2019年前半戦のレギュラーツアー出場権を得た選手を紹介
来季前半の出場権をかけた「2018年度ファイナルQT」が終了しました このファイナルQTの順位でランキング付けされたQTランキングをもとに来季レギュラーツアー前半戦の優先出場権が与えられることに...

 

▼2020年シーズンのシード選手はこちらから

【国内女子ゴルフ】2020年シーズンのシード選手、賞金シードと複数年シード保有者
2020年シーズン(国内女子ゴルフ)のシード選手を紹介します 賞金シード権以外に複数年シードや第1回リランキングまでの出場権を得た選手、そして初シード及びシード復帰選手、シード権を失った選手など...

 

スポンサーリンク

 

2019年国内女子ツアーシード選手

 

View this post on Instagram

 

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)公式さん(@lpgaofjapan_official)がシェアした投稿

賞金シード選手

◆ 賞金ランキング上位50名(リンクからは最新のクラブセッティングが見れます)

この50名の中で2018年のシード選手は32名なので、4割弱の18名が入れ替わることになります

 

2018年の賞金ランキング(最終版)はこちら↓の記事をどうぞ

【国内女子ゴルフ】2018年賞金ランキング
リコーカップが終わり2018年国内女子ツアーの全日程が終了しました 賞金女王には4年ぶり4回目となるアン ソンジュ選手が輝きましたね 2018年は黄金世代をはじめとした若手の台頭が目立った...

 

その他のシード選手(複数年シード)

賞金シードを持たないその他のシード選手は以下の3名です

  • 不動裕理(永久シード)
  • イ・ボミ(2016年賞金ランキング1位・メルセデスランキング1位)
  • 畑岡奈紗(2017年日本女子オープン優勝)

 

スポンサーリンク

 

初シード組と復帰組

初シード選手

初シード獲得選手は11名です(カッコ内は生年月日)

  • 小祝 さくら(1998年4月15日)
  • 松田 鈴英(1998年1月24日)
  • 勝 みなみ(1998年7月1日)
  • 新垣 比菜(1998年12月20日)
  • 濱田 茉優(1995年9月7日)
  • 原 英莉花(1999年2月15日)
  • 権藤 可恋(1995年10月11日)
  • カリス・デイビッドソン(1998年7月7日)
  • 大出 瑞月(1997年11月21日)
  • 木村 彩子(1995年11月2日)
  • 大里 桃子(1998年8月10日)

ご覧の通り全員20代前半の選手達です。そしていわゆる黄金世代にあたる選手(1998年度生まれ)が5名います。この世代の層の厚さがあらわれていますね

女子ゴルフで注目の「黄金世代」には誰がいる?プロ転向順に選手を紹介!
女子ゴルフ界では「黄金世代」の選手たちが注目を集めています 勝みなみと畑岡奈紗の二人がこの世代の代表格になりますが、他にも「黄金世代」と呼ぶにふさわしい選手がたくさん揃っています ...

 

シード復帰選手

次にシード復帰組の7名です(カッコ内は前年の賞金ランキング)

  • 黄 アルム(55位)
  • ジョン ジェウン(64位)
  • 有村 智恵(58位)
  • 酒井 美紀(51位)
  • 佐伯 三貴(53位)
  • 一ノ瀬 優希(72位)
  • 香妻 琴乃(63位)

こうみると前年に惜しくもシード権を逃した順位の選手が多い気がします

シードを逃した悔しさがモチベーションとなって今年の活躍に繋がったのでしょう

 

スポンサーリンク

 

シード喪失選手

残念ながらシード権を失った選手は15名(別シードを持つイボミ・畑岡奈紗および引退した姜秀衍を除く)います

カッコ内は前年の賞金ランキングです

  • 51位 藤田 さいき(29位)
  • 52位 笠 りつ子(15位)
  • 55位 渡邉 彩香(36位)
  • 60位 川岸 史果(7位)
  • 62位 武尾 咲希(28位)
  • 64位 サイ ペイイン(40位)
  • 65位 吉田 弓美子(25位)
  • 68位 下川 めぐみ(49位)
  • 69位 西山 ゆかり(16位)
  • 70位 O.サタヤ(48位)
  • 72位 新海 美優(39位)
  • 75位 辻 梨恵(31位)
  • 82位 服部 真夕(45位)
  • 87位 若林 舞衣子(46位)
  • 114位 堀 琴音(21位)

ツアー優勝経験のある選手やシードの常連など実力のある選手がシード権を逃しています

今年のファイナルQTはレベルの高い戦いになりそうですね

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は2019年国内女子ツアーのシード選手について紹介しました

賞金シード選手50名のうち初シード組と復帰組を合わせると18名の選手が入れ替わることになります

黄金世代をはじめとした若手が多くシード入りしたことから「世代交代が進んだ」ともいわれていますが、ベテラン勢にはまだまだ頑張って盛り上げてもらいたいですね

 

2019年国内女子ツアーの日程

2019年シーズン国内女子ツアー日程および2018年シーズンとの変更点は?
2019年シーズンの国内女子ツアーの日程が発表となりました 放映権の問題等から色々な情報が飛び交い大幅な試合数減少も心配されましたが、2試合減という形で収まりました 今回は2019年シーズ...

 



コメント