ささきしょうこのクラブセッティングやドライバー飛距離など

クラブセッティング

ささきしょうこプロが「スタンレーレディス」(2018年10月)でツアー2勝目をあげました

ツアーでは1勝目よりも2勝目の方が難しいともいわれており、ささきしょうこプロも今回の優勝までは精神的に厳しい思いをしていたみたいです

そんな中でも勝つことができたので、これからは余計なプレッシャーからも解放されて更に活躍が期待できそうですね

 

今回はささきしょうこプロの2018年クラブセッティングやドライバー飛距離などを紹介します

 

スポンサーリンク

 

ささきしょうこのプロフィール

 

View this post on Instagram

 

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)公式さん(@lpgaofjapan_official)がシェアした投稿

【所属】日本触媒

【出身地】兵庫県加古川市

【生年月日】1996年6月8日

【契約】ボール:ダンロップ

【身長】170㎝

【体重】65㎏

【血液型】O型

【出身校】クラーク記念国際高等学校

【プロ入会】2015年8月(87期生)

【優勝回数】2回

 

ささきしょうこのクラブセッティング

「スタンレーレディス」優勝時のクラブセッティング

1W:プロギア RS ドライバー(9.5°)

(シャフト:藤倉ゴム工業 スピーダー エボリューション V 661、S、45.5インチ)

3W:プロギア RS フェアウェイウッド(15°)

5W:クレイジー CRZ-FW(18°)

UT:クレイジー CRZ-UT(24°、4U・5U)

6I~PW:ダンロップ スリクソン Z565 アイアン

ウェッジ:クリーブランド RTX ブラックサテン(48°、52°)

ウェッジ:クリーブランド RTX シルバー(56°)

パター:オデッセイ オー・ワークス ブラック #3T

ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR XV

 

*2018年の2勝目「樋口久子 三菱電機レディス」のクラブセッティングも同じでした

 

クラブセッティングの特徴など

ささきしょうこプロは2017年シーズンからクラブ契約フリーです

プロとしては珍しく自分でグリップ交換をするという彼女。クラブセッティングにも強いこだわりが見えます

 

2018年当初ドライバーは『クレイジー CRZ-435』を使用していましたが、シーズン途中から『プロギア RS』に変更し「スタンレーレディス」でもプロギアのドライバーを使用しています

 

そして注目はユーティリティです

『クレイジー CRZ(24度)』の2本をセッティングに入れ、ロフトを調整して4番・5番として使い分けるということをしています

 

アマチュアが同じようなことはできませんが、こだわりの強いささきしょうこプロが選び抜いたクラブを試してみる価値はありそうですね

 

ささきしょうこのドライバー飛距離

ささきしょうこプロは身長が高いので飛ばすイメージがありますが、ドライバーの飛距離はどうでしょうか

ドライビングディスタンスの成績を調べてみました

2018年 230.35ヤード(74位)*2018年10月7日時点

2017年 236.40ヤード(41位)

思っていたよりも飛距離が出るタイプではないみたいです

 

そして前年よりも飛距離を落としているので2018年の前半はあまり調子が良くなかったのでしょう

 

まとめ

今回はささきしょうこプロのクラブセッティングなどを紹介しました

ツアー2勝目をあげ、これから更に飛躍が期待できる選手だと思います

是非注目してくださいね

 

コメント