【JLPGA】2022年シーズン 日本女子ゴルフツアーのシード選手

この記事ではJLPGA(日本国内女子ツアー)2022年シーズンの出場有資格者(シード選手)を紹介していきます

シード選手を資格種類毎に紹介していくとともに、試合数限定で出場資格のある選手や、惜しくもシード権を喪失した選手も纏めておきますので2022年シーズンの女子ゴルフ応援の参考にどうぞ

 

[ad]

 

2022年 JLPGAツアーシード選手

2020-2021シーズン賞金ランキング上位50名

出典元:https://i.gimg.jp/cmsimg/259965.jpg?w=850&h=850&mode=max

※順位は大王製紙エリエールレディスオープン終了時点(最終戦前)

順位氏名シード獲得回数生年月日年齢メルセデス
1稲見 萌寧2シーズン連続2回目1999/7/2923歳1
2古江 彩佳2シーズン連続2回目2000/5/2722歳2
3小祝 さくら3シーズン連続3回目1998/4/1524歳3
4西郷 真央初シード2001/10/821歳5
5西村 優菜初シード2000/8/422歳4
6勝 みなみ3シーズン連続3回目1998/7/124歳7
7原 英莉花3シーズン連続3回目1999/2/1523歳10
8申 ジエ13シーズン連続13回目1988/4/2834歳13
9菊地 絵理香9シーズン連続9回目1988/7/1234歳19
10上田 桃子8シーズン連続14回目1986/6/1536歳8
11大里 桃子3シーズン連続3回目1998/8/1024歳12
12山下美夢有初シード2001/8/221歳11
13高橋 彩華2シーズン連続2回目1998/7/2424歳9
14渡邉 彩香3シーズンぶり6回目1993/9/1929歳17
15笹生 優花初シード2001/6/2021歳6
16ぺ ソンウ2シーズン連続2回目1994/3/128歳16
17鈴木 愛7シーズン連続7回目1994/5/928歳14
18渋野 日向子2シーズン連続2回目1998/11/1523歳15
19全 美貞16シーズン連続16回目1982/11/139歳20
20青木 瀬令奈6シーズン連続6回目1993/2/829歳29
21吉田 優利初シード2000/4/1722歳21
22永峰 咲希6シーズン連続6回目1995/4/2827歳30
23笠 りつ子2シーズン連続10回目1987/11/434歳24
24イ ミニョン4シーズン連続4回目1992/3/1330歳18
25金澤 志奈初シード1995/7/2927歳32
26藤田 さいき3シーズンぶり12回目1985/11/2236歳23
27堀 琴音3シーズンぶり4回目1996/3/326歳36
28酒井 美紀3シーズン連続8回目1991/5/2431歳31
29岡山 絵里5シーズン連続5回目1996/6/426歳22
30比嘉 真美子5シーズン連続7回目1993/10/1129歳27
31木村 彩子2シーズンぶり2回目1995/11/226歳33
32植竹 希望初シード1998/7/2924歳28
33三ヶ島 かな4シーズン連続4回目1996/7/1326歳26
34穴井 詩9シーズン連続9回目1987/11/1134歳25
35若林 舞衣子産休復帰 10回目1988/6/934歳41
36サイ ペイイン3シーズンぶり4回目1991/4/2731歳34
37濱田 美優3シーズン連続3回目1995/9/727歳35
38野澤 真央初シード1997/3/1125歳42
39仲宗根 澄香初シード1997/1/525歳37
40森田 遥5シーズン連続7回目1996/7/1926歳38
41ユン チェヨン4シーズン連続4回目1987/3/535歳39
42田辺 ひかり初シード1997/4/1325歳43
43テレサ・ルー10シーズン連続10回目1987/10/1335歳40
44大山 志保8シーズン連続16回目1977/5/2545歳49
45臼井 麗香初シード1998/12/723歳44
46柏原 明日架6シーズン連続6回目1996/1/3026歳46
47菅沼 菜々初シード2000/2/1022歳45
48イ ナリ5シーズン連続7回目1988/7/634歳54
49 李 知姫20シーズン連続20回目1979/2/1243歳48
50有村 智恵5シーズン連続7回目1987/11/2234歳51

 

[ad]

 

2020-2021シーズン メルセデス・ランキング上位50名(該当2名)

出典元:https://i.gimg.jp/cmsimg/260014.jpg?w=850&h=850&mode=max

※順位は大王製紙エリエールレディスオープン終了時点(最終戦前、賞金ランキング上位50名を除く)

メルセデス氏 名シード獲得回数生年月日年齢賞金
47山路 晶初シード1998/9/1024歳55
50宮里 美香2シーズン連続2回目1989/10/1033歳54
2022年シーズンからのシード権は賞金ランキングではなく、メルセデス・ランキングの順位によって決まることになります

 

産休、特別保障制度適用選手~2名

 アン ソンジュ産休制度適用中1987/8/3135歳
 大西 葵産休制度適用中1994/7/1328歳

 

永久シード(30勝以上)~6名

 樋口久子、大迫たつ子、涂阿玉、岡本綾子、森口祐子、不動裕理

 

複数年シード保有者~11名

氏 名獲得シーズン期間期限条件等
畑岡 奈紗20195年2030年同一シーズン公式戦2勝
原 英莉花2020-20215年2031年同一シーズン公式戦2勝
鈴木 愛20193年2030年賞金ランキング1位
渋野 日向子20193年2030年公式戦優勝
ぺ ソンウ20193年2030年公式戦優勝
永峰 咲希2020-20213年2031年公式戦優勝
西村 優菜2020-20213年2031年公式戦優勝
稲見 萌寧2020-20213年2031年公式戦優勝
勝 みなみ2020-20213年2031年公式戦優勝
稲見 萌寧2020-20215年2031年オリンピック銀メダル
申 ジエ20187年2026年同一シーズン公式戦2勝
アン ソンジュ20183年2022年賞金ランキング1位

*2019年度からは、翌年度より10年間のうち任意の年を行使開始年として選択が可能となっている

 

[ad]

 

2022年 出場有資格者(試合数限定)

次にシーズン全試合ではないものの、前半戦(第1回リランキングまで)だけなど、試合数限定で出場資格を得ている選手を紹介していきます

入国制限保障制度該当者~3名

出場資格は2022年開幕戦より連続して自動付与され、試合数消化時点で前シーズンのしょうきんと合算して賞金ランキング50位の額を上回ればシード獲得となる(コロナ入国制限による対応措置)

氏 名試合数獲得賞金額不足額
黄 アルム4試合¥14,731,170¥17,280,581
イ ボミ5試合¥16,852,374¥15,159,377
ペ ヒギョン2試合¥26,681,510¥5,330,241

*2020-2021シーズン50位の賞金額¥32,011,751

 

前年度賞金ランキング51位から55位~3名

※第1回リランキング実施直前の試合までの出場資格

 ささき しょうこ(51位)、淺井 咲希(52位)、林 菜乃子(53位)

前年度メルセデス・ランキング51位から55位~2名

※第1回リランキング実施直前の試合までの出場資格

 河本 結(53位)、鶴岡 果恋(55位)

前年度ステップ・アップ・ツアーの賞金ランキング上位2名

※第1回リランキング実施直前の試合までの出場資格

 リ ハナ(1位)、小野 祐夢(2位)

 

[ad]

 

2022年シーズンのシード権喪失者

最後に、2020-2021シーズンのシード選手で惜しくも2022年シーズンのシード権を逃してしまった選手を紹介します

賞金ランクメルセデスQT氏名生年月日 
5256淺井 咲希1998/6/13前半戦出場資格あり
57608福田 真未1992/6/15 
6153河本 結1998/8/29前半戦出場資格あり
626438吉本 ひかる1999/2/25 
636988ペ ヒギョン1992/9/28ツアー引退
645919新垣 比菜1998/12/20 
676625葭葉 ルミ1993/3/12 
707241永井 花奈1997/6/16 
758079脇本 華1997/10/4 
8185キム ハヌル1988/12/17ツアー引退
8284イ ボミ1988/8/215試合救済
86776黄 アルム1987/10/174試合救済
888357篠原 まりあ1996/11/17 
93*畑岡 奈紗1999/1/13 
949374松田 鈴英1998/1/24 
9510343エイミー・コガ1995/8/26 
1029854成田 美寿々1992/10/8 
10711016大城 さつき1989/9/5 
14814863S.ランクン1999/12/9 

*畑岡奈紗プロは複数年シードを保有中

畑岡奈紗プロの出場試合はわずか2試合だけでしたので、彼女を除くと18名がシード権を失ったことになります

50名のなかの18名ですから3割以上のシード選手が入れ替わったことになります

 

まとめ

今回は2022年シーズンのシード選手、そして惜しくもシードを失った選手を紹介してきました

これまでシード資格は賞金ランキングを基準にしていましたが、来シーズンからはメルセデス・ランキングでシードを決定することとなり、以降の暫定措置として2022年シーズンのシード権は賞金ランキングとメルセデス・ランキング両方の上位50名に与えられています

この変更はランキングを見る限り上位選手には影響はないですが、シードラインぎりぎりの選手数名には影響が出てくるでしょう