アン ソンジュのクラブセッティング、プロフィールやドライバ―飛距離など

クラブセッティング

2018年は年間5勝をあげ4年ぶり4度目の賞金女王に輝いたアン ソンジュ

現在通算28勝と永久シードまであと2勝と迫っており、2019年中に達成する可能性はかなり高いでしょうね

今回はアン・ソンジュのクラブセッティングを紹介しますが、アン・ソンジュはプロの中でも特にクラブチェンジを頻繁に行う選手で、2018年も優勝のたびにクラブセッティングが変わっていました

優勝時など公開されたクラブセッティングを出来る限り紹介していきますので、クラブ選びなどの参考にしてみて下さい

 

スポンサーリンク

 

アン ソンジュのプロフィール

 

View this post on Instagram

 

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)公式さん(@lpgaofjapan_official)がシェアした投稿

プロフィール

  • 【名前】アン ソンジュ(Sun-Ju Ahn、安 宣柱)
  • 【所属】モスバーガー
  • 【出身地】韓国広州市
  • 【生年月日】1987年8月31日
  • 【身長】160㎝
  • 【体重】68㎏
  • 【血液型】B型
  • 【出身校】建国大学校在学中(韓国)
  • 【ゴルフ歴】13歳~
  • 【プロ入会】2011年1月(83期生)
  • 【優勝回数】28回(日本)、7回(韓国)
  • 【公式サイト】https://ahn-sun-ju.com/index.html

アンソンジュ選手は2005年に韓国でプロ転向し、2006年~2009年の4年間で7勝をあげた後、2009年の日本ツアーQTを2位通過し2010年から日本ツアーに本格参戦しています

 

スポンサーリンク

 

アン ソンジュのクラブセッティング

それではアン ソンジュのクラブセッティングを紹介します

クラブ契約は一般的にフリーと言われていますが、アイアンだけは「ミズノ」と使用契約を結んでいます

 

 

View this post on Instagram

 

tpoint_eneos_golfさん(@tpoint_eneos_golf)がシェアした投稿

ドライバー

キャロウェイ EPIC FLASH SUB ZERO ドライバー

  • ロフト:9度
  • シャフト:Tour AD TP-4
  • 硬さ:S

2019年開幕戦の初日は『EPIC FLASH』でスタートしましたが、3日目は『M5』・4日目は『PING G410』にチェンジしています。2019年はおそらくこの3本を使いまわしてくるのではないかと思います

キャロウェイ『EPIC FLASH 』シリーズの特徴やラインナップを調査!

フェアウェイウッド

キャロウェイ EPIC FLASH SUB ZERO フェアウェイウッド

  • 使用番手:3W(15度)
『EPIC FLASH』シリーズのドライバーは女子ツアーで使用率が高くなっていますが、フェアウェイウッドを使用しているのは数少ないですね

ユーティリティ

PRGR RS ユーティリティ(2016年モデル)

  • 使用番手:3U(19度)、4U(22度)、5UT(25度)
  • シャフト:Tour AD UT-65
  • 硬さ:S

 

アイアン

ミズノ Mizuno Pro 319 アイアン

  • 使用番手:5I~PW
2018年「ミズノプロ 518」が不動のアイアンでしたが、2019年は同じミズノでも「ミズノプロ 319」にスイッチしています。「ミズノプロ 319」はハーフキャビティアイアンで打感を進化させたモデルです

ウェッジ

ミズノ Mizuno Pro S18 ウェッジ

  • 使用番手:49度
  • シャフト:N.S.PRO 950GH
  • 硬さ:R

ゲージデザイン D MILLED

  • 使用番手:52度、58度

 

パター

オデッセイ オー・ワークス 2ball BLADE

ボール

タイトリスト Pro V1 ボール

ボールはタイトリストと契約しています。「Pro V1」シリーズは2019年にニューモデルが発売となっています

【2019年】タイトリストのゴルフボールのラインナップ、特徴や性能は?
日本国内はもちろん全世界においてツアー使用数№1であるタイトリストのゴルフボール 今回はタイトリストのゴルフボールのラインナップと特徴・性能などを紹介します 3ピース・4ピース...

 

スポンサーリンク

 

ドライバー飛距離

アンソンジュ選手のドライバー部門のスタッツです(*2019年は2019年3月31日時点)

2019年2018年
ドライビングディスタンス219.90ヤード(68位)240.19ヤード(26位)
フェアウェイキープ率72.3214(15位)72.2689(11位)
トータルドライビング83(27位)37(1位)

年間5勝し賞金女王となった2018年はさすがの記録ですね

そして気になるのは2019年の記録で、全体的に春先は飛距離が伸びいのですが順位を大きく下げています

原因は首痛(頸椎ヘルニア)で2015年頃に発症したようなのですが、その状態が良くないみたいで、「ヤマハレディース」終了後にも内視鏡手術を受ける予定みたいです

頸椎ヘルニアと言えば大山志保プロが思い出されますが、タイガーウッズも首痛に悩まされているようなので、プロゴルファーにとっては職業病と言えるかもしれません

 

まとめ

今回はアン・ソンジュのクラブセッティングを紹介しました

現在クラブ契約フリーではありますが、アイアンだけは「ミズノ」と契約し固定して使用しています。

一方でドライバーはコースどころか日替わりでチェンジするようなことをするので、今日はどのドライバーを使っているのかということに注目してみるのも面白いと思います

 

コメント