福田真未のクラブセッティング、プロフィールやドライバー飛距離など

クラブセッティング

福田真未プロのクラブセッティングやプロフィール、ドライバー飛距離などを紹介します

 

2017年まではクラブ契約フリーでしたが、2018年から「ヤマハ」とクラブ契約を結んでいる福田真未プロ

 

2017年・2018年と2年連続でツアー優勝をしているので、2019年は複数回優勝を狙っているのでしょう

 

スポンサーリンク

 

福田真未のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

福田真未さん(@fukudamami32)がシェアした投稿

プロフィール

  • 【名前】福田真未(Mami Fukuda)
  • 【所属】えんホールディングス
  • 【出身地】福岡県福岡市
  • 【生年月日】1992年6月15日
  • 【身長】168㎝
  • 【体重】58㎏
  • 【血液型】B型
  • 【出身校】沖学園高等学校(福岡県)
  • 【プロ入会】2011年8月1日(83期生)
  • 【優勝回数】2回
  • 【2019年出場資格】シード
  • 【公式サイト】https://ameblo.jp/fukudamami-official/

主な戦績

優勝トーナメント

  • 2018年 北海道 meiji カップ
  • 2017年 伊藤園レディスゴルフトーナメント

 

スポンサーリンク

福田真未のクラブセッティング

 

View this post on Instagram

 

ヤマハゴルフ【公式】⛳️🏌️さん(@yamahagolf_official)がシェアした投稿

2019年開幕時のクラブセッティング

番手クラブ名
1Wヤマハ RMX プロトタイプ01
3Wキャロウェイ GBB EPIC フェアウェイウッド
5Wキャロウェイ EPIC FLASH フェアウェイウッド
UTグローブライド オノフ フェアウェイウィングス KURO
5I~PWヤマハ RMX020 アイアン
ウェッジタイトリスト ボーケイ フォージド ウェッジ
パターオデッセイ タンク・クルーザー V-LINE
ボールダンロップ スリクソン Z-STAR XV

2019年のクラブセッティングは前回優勝時と少し違い、FWが1本増えてウェッジが1本減っています。ただプロはコースなどの条件によってクラブセッティングを変えるので、試合によって組み合わせは違ってくるのだと思います

 

クラブ契約をしているヤマハのクラブは2018年と変わらずドライバーとアイアンですが、両クラブともニューモデルに替えています

 

ニューモデルの内容はまだ未発表のため詳しいことは分からないですが、同じヤマハの契約プロである有村智恵も未発表のプロトタイプを実戦投入しているので、どんなクラブなのか気になりますね。メーカー発表まで楽しみに待ちましょう

 

2018年「北海道meijiカップ」優勝時のクラブセッティング

番 手クラブ名
1Wヤマハ RMX 116 ドライバー
3Wキャロウェイ GBB EPIC フェアウェイウッド
UTグローブライド オノフ フェアウェイウィングス KURO
5I~PWヤマハ RMX 118 アイアン
ウェッジタイトリスト ボーケイ フォージド ウェッジ
パターオデッセイ タンク・クルーザー V-LINE
ボールダンロップ スリクソン Z-STAR XV

 

スポンサーリンク

 

福田真未のクラブセッティング詳細

ドライバー

ヤマハ RMX プロトタイプ01 ドライバー
  • ロフト:10.5度
  • シャフト:フジクラ Speeder 569 EVOLUTION Ⅳ
  • 硬さ:S

 

未発売のモデルなので詳しいことはまだ分かりません。ただ福田真未プロが2018年に使用していた「RMX116 ドライバー」よりヘッドサイズが大きいということなので、「RMX116」のヘッド体積(445㏄)を考えると460㏄のヘッドサイズかもしれません

フェアウェイウッド

キャロウェイ GBB EPIC フェアウェイウッド
  • 使用番手:3W(15度)
  • シャフト:フジクラ Speeder 569 EVOLUTION Ⅲ
  • 硬さ:S
キャロウェイ EPIC FLASH フェアウェイウッド
  • 使用番手:5W(18度)
  • シャフト:フジクラ Speeder 569 EVOLUTION Ⅲ
  • 硬さ:S
キャロウェイ『EPIC FLASH 』シリーズの特徴やラインナップを調査!
キャロウェイの2019年モデルである『EPIC FLASH』シリーズ ツアー投入後から次々とプロが使用し始めていますが、契約外である松山英樹プロも2019年の初めから『EPIC FLASH ドラ...

ユーティリティ

グローブライド オノフ フェアウェイウィングス KURO
  • 使用番手:3UT(21度)、4UT(24度)
  • シャフト:フジクラ Speeder 569 EVOLUTION Ⅲ
  • 硬さ:S

アイアン

ヤマハ RMX020 アイアン
  • 使用番手:5I~PW

ドライバーと同じくアイアンも未発売のニューモデルです

ウェッジ

タイトリスト ボーケイ フォージド Fグラインド
  • 使用番手:52度
タイトリスト ボーケイ フォージド Mグラインド
  • 使用番手:58度

パター

オデッセイ タンク・クルーザー V-LINE

 

ボール

ダンロップ スリクソン Z-STAR XV

 

スポンサーリンク

福田真未のドライバー飛距離

 

View this post on Instagram

 

東京ゴルフスタジオさん(@tokyogolfstudio)がシェアした投稿

ドライバー3部門の記録は以下の通りです

2019年2018年
ドライビングディスタンス233.43ヤード(21位)240.22ヤード(25位)
フェアウェイキープ率64.2857(47位)61.2745(65位)
トータルドライビング68(16位)90(39位)

*2019年の記録は2019年3月24日時点

福田真未プロのドライバーショットは正確性が課題でしょう

その点で2019年は正確性が増しているようなので期待できるのではないでしょうか

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は福田真未プロのクラブセッティングなどを紹介しました

2018年からヤマハとクラブ契約をしていますが、いまのところクラブセッティングの中で「ヤマハ」のクラブはドライバーとアイアンだけとなっています

 

他のヤマハ契約プロのクラブセッティング

 

 

 

コメント