【2019年】ダンロップのゴルフボールのラインナップ、特徴や性能は?

ギア情報

DUNLOP(ダンロップ)のゴルフボールのラインナップと特徴や性能を紹介していきます

ダンロップには「スリクソン」「ゼクシオ」という2つのブランドが揃っているので、ブランド別にまとめました。ボール選びの参考にどうぞ

 

スポンサーリンク

SRIXON(スリクソン)

Z-STAR/Z-STAR XV

スリクソンのツアーボール「Z-STAR」シリーズは2年に1度のサイクルでモデルチェンジをしており、2019年に新モデル(6代目)が発売となっています

従来は「Z-STAR」がソフトなスピン系、「Z-STAR XV」がハードなディスタンス系という違いがありましたが、素材の進化によって2つのモデルの違いが薄まっており、6代目となる新モデルの最大の特徴も「Z-STAR」がドライバーの飛距離性能アップ、そしてZ-STAR XV」はショートゲームのスピン性能アップとなっています

Z-STAR

飛距離性能を高めながら、「セルム」をコーティングに配合することで打感とスピン性能が向上したツアーボール

Z-STAR XV

飛距離性能を維持しながら、「セルム」をコーティングに配合することで、フェースの食いつくソフトな打感を実現しスピン性能も向上したツアーボール

スペック対比

Z-STARZ-STAR XV
構造3ピース4ピース
打感非常にソフトソフト
弾道強弾道強弾道
適応ヘッドスピード35m/s以上40m/s以上
ディンプル数338338

 

スポンサーリンク

 

-X-(エックス)

ドライバー飛距離を徹底追及した飛距離特化型ボール

  • 構造:4ピース
  • スピン量:少ない
  • 打感:ややしっかり
  • 弾道:高弾道
  • 適応ヘッドスピード:35-45m/s
  • ディンプル数:338

AD333 TOUR

風に負けない大きな飛びとツアーボールに匹敵するアプローチスピン性能を持ったボール

  • 構造:3ピース
  • スピン量:中
  • 打感:非常にソフト
  • 弾道:中高弾道
  • 適応ヘッドスピード:35m/s以上
  • ディンプル数:338

TRI-STAR

大きな飛距離性能と優れたスピンコントロール性能を持つボール

  • 構造:3ピース
  • スピン量:多い
  • 打感:非常にソフト
  • 弾道:高弾道
  • 適応ヘッドスピード:35m/s以上
  • ディンプル数:338

AD333

飛距離、スピン、ソフトフィーリングのベストバランス ツーピースボール

  • 構造:2ピース
  • スピン量:中
  • 打感:非常にソフト
  • 弾道:高弾道
  • 適応ヘッドスピード:35m/s以上
  • ディンプル数:338

DISTANCE

鋭い飛び出しと風に負けない弾道で大きく飛ぶ、ディスタンス系ツーピースボール

  • 構造:2ピース
  • スピン量:低
  • 打感:ややソフト
  • 弾道:高弾道
  • 適応ヘッドスピード:35m/s以上
  • ディンプル数:324

 

スポンサーリンク

 

XXIO(ゼクシオ)

ゼクシオ SUPER SOFT X

ゼクシオ史上最軟のコアがもたらす「スーパーソフトフィーリング」と「飛ばす快感」

  • 構造:3ピース
  • スピン量:少なめ
  • 打感:非常にソフト
  • 弾道:高弾道
  • 適応ヘッドスピード:30~45m/s
  • ディンプル数:338

ゼクシオ プレミアム

上質な輝き、心地よい非常にソフトなフィーリングで大きく飛ぶ

  • 構造:3ピース
  • スピン量:低
  • 打感:非常にソフト
  • 弾道:高弾道
  • 適応ヘッドスピード:30~42m/s
  • ディンプル数:338

 

まとめ

今回はダンロップのゴルフボールのラインナップ、そして特徴やスペックなどを紹介しました

ダンロップのボールで特徴的なのはディンプル数がほとんどのモデルで同じことです。タイトリストはモデルによってディンプル数が異なるので、メーカーによって設計の仕方が違うのがよく分かります

そしてゴルフボールは商品名を変えずにモデルチェンジを繰り返しているので、ボールにこだわるのならば「いつのモデルなのか」に注意してボール選びをしたほうが良いですよ

 

 

コメント