【2019年】国内女子ツアーシード選手のクラブ・ボール契約メーカーランキング!

ツアー情報

2019年国内女子ツアーシード選手のクラブ契約先とボール契約先をまとめました

一覧の他に、クラブ・ボールごとにメーカーランキングも作成したので参考にしてみて下さい

 

スポンサーリンク

 

【2019年】国内女子ツアーシード選手のクラブ・ボール契約先

まずはシード選手のクラブ・ボール契約先を紹介します。(―)は契約フリー(不明も含む)となっています

選手名クラブボール
1アン ソンジュタイトリスト
2申 ジエタイトリスト
3鈴木 愛PINGタイトリスト
4比嘉 真美子PINGタイトリスト
5成田 美寿々
6黄 アルムオノフタイトリスト
7菊地 絵理香タイトリストタイトリスト
8小祝 さくらダンロップダンロップ
9勝 みなみダンロップダンロップ
10岡山 絵里ダンロップダンロップ
11松田 鈴英ブリヂストンブリヂストン
12永峰 咲希テーラーメイドテーラーメイド
13テレサ ルーキャロウェイキャロウェイ
14ペ ヒギョンキャロウェイキャロウェイ
15フェービー・ヤオタイトリスト
16ささき しょうこダンロップ
17ユン チェヨンヤマハタイトリスト
18イ ミニョンテーラーメイドタイトリスト
19李 知姫オノフタイトリスト
20福田 真未ヤマハダンロップ
21上田 桃子キャロウェイキャロウェイ
22永井 花奈ヤマハタイトリスト
23新垣 比菜ダンロップダンロップ
24ジョン ジェウンテーラーメイド
25森田 遥ヨネックスタイトリスト
26有村 智恵ヤマハブリヂストン
27穴井 詩タイトリスト
28全 美貞ダンロップ
29キム ハヌル本間ゴルフダンロップ
30酒井 美紀ダンロップダンロップ
31青木 瀬令奈ダンロップダンロップ
32東 浩子ダンロップダンロップ
33大江 香織ダンロップ
34藤本 麻子PRGRタイトリスト
35濱田 茉優タイトリスト
36葭葉 ルミ
37大山 志保ダンロップ
38原 英莉花ミズノブリヂストン
39権藤 可恋テーラーメイドテーラーメイド
40カリス・デイビッドソンPINGタイトリスト
41大出 瑞月PINGダンロップ
42三ヶ島 かなブリヂストンブリヂストン
43木村 彩子キャロウェイ
44柏原 明日架キャロウェイキャロウェイ
45佐伯 三貴キャロウェイキャロウェイ
46香妻 琴乃ダンロップダンロップ
47木戸 愛ミズノダンロップ
48一ノ瀬 優希PINGタイトリスト
49大里 桃子ブリヂストンブリヂストン
50大城 さつきオノフタイトリスト

選手名のリンクからは各プロのクラブセッティングを見ることができますので、そちらも参考にしてみて下さい

 

スポンサーリンク

 

【2019年】国内女子ツアーシード選手のクラブ契約先ランキング

クラブ契約のメーカーランキングは以下のようになっています

1位  契約フリー  13名

2018年に引き続き契約フリーが1位ですが、2018年が15名だったので2名減りました。2019年から新たにクラブ契約フリーになったのは大山志保プロ、そしてシード選手以外では横峯さくらプロが契約フリーとなって注目されていますね

2位  ダンロップ  8名

2位も2018年と変わらず「ダンロップ」となっていますが、5名→8名と3名増えています。これは黄金世代の勝みなみ・小祝さくら・新垣比菜といった選手がシード入りしたことが大きいですね。その他にも昨年まで契約フリーだった岡山絵里プロが新たに「ダンロップ」と契約しています

女子ゴルフで注目の「黄金世代」には誰がいる?プロ転向順に選手を紹介!
女子ゴルフ界では「黄金世代」の選手たちが注目を集めています 勝みなみと畑岡奈紗の二人がこの世代の代表格になりますが、他にも「黄金世代」と呼ぶにふさわしい選手がたくさん揃っています ...

3位  キャロウェイ  5名

キャロウェイは前年の4名→5名と増え、ランキングも3位を維持しています。シード選手以外にも若手の契約プロが増えているので、今後勢力を伸ばすかもしれません

3位  PING  5名

PINGは2018年の2名から5名に増えてランキングを上げています。PINGの契約プロには日本人プロのトップ2である鈴木愛プロと比嘉真美子プロがいるので、勝利数では№1になる可能性は十分あるのではないでしょうか

5位以下のメーカー

  • 5位  ヤマハ・テーラーメイド 4名
  • 7位  ブリヂストン  3名
  • 8位  ミズノ・オノフ  2名
  • 10位  本間ゴルフ・タイトリスト・PRGR・ヨネックス  1名

 

スポンサーリンク

 

【2019年】国内女子ツアーシード選手のボール契約先ランキング

ボール契約のメーカーランキングです

1位  タイトリスト  18名

2018年の15名から3名増えて「タイトリスト」が1位となりました。タイトリストは海外勢とPINGのクラブ契約プロの使用率が高いのが特徴です

2位  ダンロップ  16名

「ダンロップ」は2018年の18名から2名減って2位となりました。

3位  キャロウェイ 6名

「キャロウェイ」が「ブリヂストン」を抜いて3位です。最近のキャロウェイはボールにも力を入れている印象がありますね

4位以下のメーカー

  • 4位 ブリヂストン 5名
  • 5位 テーラーメイド 2名
  • フリー(不明含む) 3名

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は2019年の国内女子ツアーシード選手のクラブとボールの契約メーカーを紹介しました

クラブ契約は2018年に続いて「契約フリー」のプロが一番多いですが、クラブ契約フリーの選手はベテランが多いので、若手が躍進してくると勢力図がガラリと変わってくるかもしれないですね

当サイトでは女子プロの最新クラブセッティングも紹介しているので、クラブ選びなどの参考にチェックしてみて下さい

 

2019年シーズン国内女子ツアー日程および2018年シーズンとの変更点は?
2019年シーズンの国内女子ツアーの日程が発表となりました 放映権の問題等から色々な情報が飛び交い大幅な試合数減少も心配されましたが、2試合減という形で収まりました 今回は2019年シーズ...

 



コメント