比嘉真美子のクラブセッティング、ドライバー飛距離を徹底調査!

クラブセッティング

比嘉真美子プロの最新クラブセッティングを紹介します

 

比嘉真美子プロは2019年もPINGとのクラブ契約です。PINGのクラブは注目度も高いだけにどんなクラブセッティングになっているのか気になる方も多いと思います

 

クラブセッティングの他にもドライバー飛距離やプロフィールなど比嘉真美子プロに関する情報などもアップしていきますのでチェックしてみて下さい

 

スポンサーリンク

 

比嘉真美子のクラブセッティング

『ダイキンオーキッド』優勝時のクラブセッティング

 

View this post on Instagram

 

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)公式さん(@lpgaofjapan_official)がシェアした投稿

 

番手クラブ名
1WPING G410 PLUS ドライバー
3WPING G410 LST フェアウェイウッド
5WPING G410 フェアウェイウッド
UTPING G410 ハイブリッド
5I~PWPING i210 アイアン
ウェッジPING GLIDE FORGED ウェッジ
パターPING VAULT 2.0 CRAZ-E H

2019年シーズンの開幕戦で見事に優勝を果たしました

クラブセッティングはご覧の通りPINGの最新モデルがずらりと揃っています

なかでも「G410 PLUS ドライバー」はPGAのドライビングディスタンスのトップ3が使用していることでも注目を集めているクラブです

 

スポンサーリンク

 

比嘉真美子のクラブセッティング詳細~スペックなど

 

View this post on Instagram

 

Mamiko Higaさん(@mamiko_higa)がシェアした投稿

ドライバー

PING G410 PLUS ドライバー
  • ロフト:9度
  • シャフト:ディアマナ DF50
  • 硬さ:S
  • 長さ:45インチ
  • ウェート位置:STD(スタンダード)

PINGのG410シリーズのドライバーには「PLUS」と「SFT」の2種類がラインナップされています。比嘉真美子プロが使用する「G410 PLUS」は可変式弾道調整ウェイトによる弾道調整機能が搭載されているのが最大の特色で、比嘉真美子プロはウェイト位置をSTD(スタンダード)に設定しています

そして比嘉真美子プロ曰く「ミスショットに強く、ミスヒットしてもある程度のところまで飛んでくれる」そうなので、アマチュアゴルファーには心強い武器になるかもしれないです

 

 

フェアウェイウッド

PING G410 LST フェアウェイウッド
  • 使用番手:3W(14.5度)
  • シャフト:PING TOUR 173-65
  • 硬さ:S

この『G410 LST FW』は3W専用モデルとなっていて、他の番手はラインナップされていません。通常モデルと比べて重心位置が前方(フェース寄り)となっていて、ヘッドサイズは前モデルよりも大幅に小型化(159㏄)し、ハードヒッター向けの低スピンモデルとなっています

 

PING G410 フェアウェイウッド
  • 使用番手:5W(17.5度)
  • シャフト:PING TOUR 173-65
  • 硬さ:S

これはG410シリーズのフェアウェイウッドのノーマルタイプです。同シリーズのフェアウェイウッドにはもう一種類「G410 SFT」がありますが、SFTの方がヘッドが大きくロフトも寝ているので、球が上がりにくい人や捕まらない人向けとなっています

ユーティリティ

PING G410 ハイブリッド
  • 使用番手:4U(22度)
  • シャフト:PING TOUR 173-85
  • 硬さ:S

G410シリーズのハイブリッドの特色はロフトとライ角の調整機能がついたことです。ロフトは0度・±1度・±1.5度の5種類、ライ角はノーマルとフラットの2種類で調整することができます

 

アイアン

PING i210 アイアン
  • 使用番手:5I~PW
  • シャフト:N.S.PRO 950GH
  • 硬さ:R

いわゆる飛び系ではなくスタンダードタイプのPINGのアイアンです。このモデルは大ヒットした「i200」の打感をさらにやわらかくするとともに、操作性もさらに進化させています

最近の女子プロのクラブセッティングでアイアンは6I以下というケースが主流になってきていますが、比嘉真美子プロは5Iからとハードヒッターらしいクラブセッティングになっています

 

ウェッジ

PING GLIDE FORGED ウェッジ
  • 使用番手:52度、56度、60度
  • シャフト:N.S.PRO 1050GH
  • 硬さ:S

ウェッジもPINGの最新モデル(2018年9月発売)です。このモデルはツアープロの要望をもとに開発されていて、フェースのデザインをカスタマイズできるようになっています

 

パター

PING VAULT 2.0 CRAZ-E H

大型のマレットパターで、ヘッド重量は380g・365g・350gの3種類から選べ、ライ角も±4度調整が可能です。ちなみに「CRAZ-E」と書いてクレイジーと読むんですよ

 

ボール

タイトリスト Pro V1 ボール

タイトリストの「Pro V1」シリーズは2019年にニューモデルが発売となり、イエローのみですがカラーボールがラインアップに加わっています

 

【2019年】タイトリストのゴルフボールのラインナップ、特徴や性能は?
日本国内はもちろん全世界においてツアー使用数№1であるタイトリストのゴルフボール 今回はタイトリストのゴルフボールのラインナップと特徴・性能などを紹介します 3ピース・4ピース...

 

スポンサーリンク

 

比嘉真美子のドライバー飛距離

ドライバー部門のスタッツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shizuka Minamiさん(@minamishizuka)がシェアした投稿

比嘉真美子プロはハードヒッターのイメージがありますが、ドライバーの飛距離はどの位でしょうか

 

ドライバー部門のスタッツを見てみましょう(2019年5月26日時点)

2019年2018年
ドライビングディスタンス251.57ヤード(5位)254.34ヤード(3位)
フェアウェイキープ率64.2857(45位)63.7255(52位)
トータルドライビング50(5位)55(4位)

ドライバーは飛距離250ヤード超え、そして正確性も兼ね備えています

 

シード落ちした2015年頃は深刻なドライバーイップスになっていたようですが、このスタッツを見てもイップスを完全に克服したのが分かりますね

 

比嘉真美子のスイング

比嘉真美子プロのドライバースイング動画です

全英でも大健闘!ツアー屈指のショットメーカー「比嘉真美子」のスウィング分析【スウィング大辞典】

先ほども書きましたが比嘉真美子プロは一時ドライバーイップスになっていました

 

彼女がドライバーイップスを克服した方法はアドレスとテークバックを改善したことだそうです

 

アドレスはスタンスを小さくするとともにボール位置を右足寄りに移動、そしてテークバックは長く引きすぎず手元と体の間隔をキープすることに注意しているようです

 

ドライバーのスイングが安定しなくて悩んでいる人は参考にすると良いかもしれませんね

 

スポンサーリンク

 

比嘉真美子のプロフィール

プロフィール

  • 【所属】TOYO TIRE
  • 【出身地】沖縄県本部町
  • 【生年月日】1993年10月11日
  • 【身長】161㎝
  • 【体重】58㎏
  • 【血液型】O型
  • 【出身校】沖縄県立本部高等学校
  • 【プロ入会】2012年7月(84期生)
  • 【優勝回数】5回
  • 【公式サイト】http://mamiko-higa.pargolf.co.jp/

アマチュア時代から輝かしい実績を残しており、高校3年(2011年)の時に日本女子アマチュア選手権を初制覇し翌年も連覇、そしてプロテストにも一発合格を果たしています

そしてプロ同期に葭葉ルミ、渡邉彩香といったツアーでも屈指の飛ばし屋が揃っているのも面白いですね

 

スポンサーリンク

 

比嘉真美子のクラブセッティングまとめ

今回は比嘉真美子プロの最新クラブセッティングなどを紹介しました

 

開幕から調子が良さそうなので2019年も大活躍しそうな感じです

 

そして来年に迫った東京オリンピックにも出るチャンスは十分にあるので、そのあたりにも注目だと思います

 

◇他のPING契約プロのクラブセッティング記事

 

 

 

コメント