葭葉ルミのクラブセッティング、スペックやドライバー飛距離なども紹介!

クラブセッティング

葭葉ルミの2019年シーズンのクラブセッティングや使用クラブのスペック、そしてドライバー飛距離などを紹介します

 

2017年・2018年と2年連続でドライビングディスタンス1位に輝いている葭葉ルミプロ

 

彼女の最大の魅力はやはり飛距離ですが、ナイキのクラブ事業からの撤退後はクラブ契約フリーとなり、いわゆる「地クラブ女子」としても知られており、独特なクラブセッティングにも注目です

 

クラブセッティングや使用クラブのスペックの他、2019年シーズンの葭葉ルミプロに関する情報なども随時アップしていくのでチェックしてみて下さい

 

スポンサーリンク

葭葉ルミのクラブセッティング

 

View this post on Instagram

 

SPAIA[スパイア]公式さん(@spaia_official)がシェアした投稿

2019年開幕時のクラブセッティング

番手クラブ名
1Wロッディオ タイプM ドライバー
3Wロッディオ フェアウェイウッド Nソール
5Wロッディオ フェアウェイウッド Nソール
3Uロッディオ ハイブリッド ユーティリティ
5Uロッディオ ハイブリッド ユーティリティ
5I~PWブリヂストン ツアーB X-CBP アイアン
ウェッジテーラーメイド ミルド グラインド ウェッジ
パターナイキ メソッド オリジン パター B2-05
ボールブリヂストン ツアーB XS ボール

2018年のクラブセッティングと変わっているのはアイアンとウェッジ、そしてボールもチェンジしています

 

元々アイアンはブリヂストンの別モデルを使用し、ウェッジに関しても2018年シーズン序盤に使っていたものなので大きな変化ではないので、2018年との一番の違いは「ボール」となりますね

 

最近のゴルフ界における飛距離アップの最大の要因はボールの進化だとも言われているので、葭葉ルミプロの飛距離がどうなるか注目ですね

 

スポンサーリンク

 

葭葉ルミの2019年使用クラブのスペック

 

View this post on Instagram

 

葭葉ルミさん(@yoshiba0312rumi)がシェアした投稿

ドライバー

スポーツライフプラネッツ ロッディオ タイプM
  • ロフト:9度
  • ヘッド体積:440㏄
  • シャフト:クレイジー REGENESIS ロイヤルデコレーション
  • 硬さ:X

2018年のシーズン中に元々使用していた『クレイジー』からこの『ロッディオ』にチェンジしていたようです。『ロッディオ』の最大の特徴はヘッド内部に自由に鉛を貼ることが出来たり、様々なパーツで自在にチューニングできるといったことです

それにしても『ロッディオ』のヘッドに『クレイジー』のシャフトというはなかなか真似のできないスペックになっています

 

 

フェアウェイウッド

スポーツライフプラネッツ ロッディオ FW Nソール
  • 使用番手:3W(15度)、5W(16.5度)
  • シャフト:クレイジー 9 Dia
  • 硬さ:SR

『ロッディオ』のフェアエイウッドは飛距離性能を一番の目的に置き開発されています。ドライバーと同じく自在にチューニングできる仕様にもなっています

 

ユーティリティ

スポーツライフプラネッツ ロッディオ ハイブリッドユーティリティ
  • 使用番手:3U(21度)、5U(27度)
  • シャフト:ロッディオ ステラ 9
  • 硬さ:S相当

ユーティリティも『ロッディオ』ですが、このユーティリティも飛距離性能が高いことが特色です。そしてドライバーやフェアウェイウッドと同じく、自在にチューニングもできるようになっています

 

アイアン

ブリヂストン ツアーB X-CBP アイアン
  • 使用番手:5I~PW
  • シャフト:ダイナミックゴールド 120
  • 硬さ:S200

ウェッジ

テーラーメイド ミルド グラインド ウェッジ
  • 使用番手:52度、58度
  • シャフト:ダイナミックゴールド ツアーイシュー
  • 硬さ:S200

2017年発売のモデルです。特殊なコンピューター制御で削りだし、個体差がなく均一な形状を作り出しています

パター

ナイキ メソッド オリジン パター B2-05

2016年発売のナイキのピン型パターです。探してみましたが中古市場にもほとんど出回っていません。ナイキとのクラブ契約が終わってもパターだけはナイキを使い続けていますね

 

ボール

ブリヂストン ツアーB XS ボール

タイガー・ウッズも使用しているボールで評判もかなり良いです。意外と打感は柔らかいので、柔らかい打感が好みの人には特におすすめです

 

 

スポンサーリンク

 

ドライバー飛距離

出典:https://i.gimg.jp/cmsimg/206122.jpg

葭葉ルミといえばやっぱりドライバーの飛距離が最大の魅力で、2017年・2018年と2年連続でドライビングディスタンス部門1位に輝いています

■ドライバー関連のスタッツ

2019年2018年
ドライビングディスタンス255.12ヤード(3位)258.29ヤード(1位)
フェアウェイキープ率60.0783(81位)56.8323(87位)
トータルドライビング84(21位)88(33位)

*2019年の記録は2019年9月1日時点

 

このように2019年のドライビングディスタンスは現在のところ3位となっていますが、250ヤードを超える飛距離は健在です

 

最近のPGAツアーの選手もフェアウェイキープより飛距離を出す方に力を注いでいるようなので、葭葉ルミプロにはもっと飛距離を追求していって欲しいですね

 

ちなみに彼女のヘッドスピードは振った時で49m/s、通常で47m/s位あるそうですが、飛距離を280ヤードまで伸ばすために50ⅿ/s台に上げるのが目標のようです

 

ツアーNo.1の飛ばし屋 葭葉ルミ 飛距離の伸ばし方教えます! – ゴルフレッスン –

 

スポンサーリンク

 

まとめ

葭葉ルミプロの2019年シーズンのクラブセッティングは

  • ウッド:ロッディオ
  • アイアン:ブリヂストン
  • ウェッジ:テーラーメイド
  • パター:ナイキ
  • ボール:ブリヂストン

でスタートしました

2018年はシーズン途中に大幅なクラブセッティング変更があったので、今後の動向にも注目していきたいと思います

 

 

コメント