【2019年】タイトリストのゴルフボールのラインナップ、特徴や性能は?

ギア情報

日本国内はもちろん全世界においてツアー使用数№1であるタイトリストのゴルフボール

今回はタイトリストのゴルフボールのラインナップと特徴・性能などを紹介します

 

スポンサーリンク

3ピース・4ピース

Pro V1 & Pro V1x

「Pro V1」シリーズは2000年に登場し2年ごとにモデルチェンジをしてきていますが、2019年に10代目の新モデルが発売となっています

◆ スペック比較

Pro V1Pro V1x
構造3層4層
コアポリブタジエンコアポリブタジエンコア
ケース層アイオノメリック・ケース層アイオノメリック・ケース層
カバーウレタン・エラストマー・カバーウレタン・エラストマー・カバー
ディンプル数352328

◆性能比較

Pro V1Pro V1x
ショートゲームコントロール最適最適
飛距離性能優れているかなり優れている
打 感かなり柔らかい柔らかい
ドライバースピン量やや少ない少ない
弾 道中弾道中高弾道

もともとはスピン系が「V1」、ディスタンス系が「V1x」ということでしたが、2017年モデルから「V1」のほうが飛ぶようになっているみたいです

Prestige(プレステージ)

ドライバーやFWなどでは大きく飛び出してキャリーとランで飛距離を稼ぎ、ピンを狙うショットではソフトにグリーン上に止めることができるボール

  • スピン量:中
  • 打感:非常にソフト
  • 弾道:中弾道
  • 適応ヘッドスピード:全領域
  • ディンプル数:352

VG3

ソフトに進化したコアと反発性の高いカバーにより、ドライバーでもアイアンでも飛距離性能が向上

  • スピン量:中
  • 打感:ソフト
  • 弾道:高弾道
  • 適応ヘッドスピード:全領域
  • ディンプル数:312

GranZ(グランゼ)

高初速とロースピンにより高い打ち出し角・直進力で大きな飛びを可能にします。さらにソフトな打感に加え、アプローチ性能も向上しています

  • スピン量:低
  • 打感:ソフト
  • 弾道:高弾道
  • 適応ヘッドスピード:全領域
  • ディンプル数:332

 

スポンサーリンク

2ピース

Tour Soft

タイトリストゴルフボール史上最大のコアと極薄4CEカバーが、ソフトな打感と圧倒的な飛距離性能、そして優れたショートゲームコントロールパフォーマンスを実現

  • スピン量:高
  • 打感:ソフト
  • 弾道:中高弾道
  • 適応ヘッドスピード:全領域
  • ディンプル数:342

 

Velocity(ベロシティ)

ティーショットで大幅なバックスピン量の低減と、驚異的なボール初速を実現し、圧倒的な飛距離性能を発揮

  • スピン量:低
  • 打感:普通
  • 弾道:高弾道
  • 適応ヘッドスピード:全領域
  • ディンプル数:328

DT TruSoft

タイトリストで最もソフトなゴルフボール。ソフトな打感にこだわるならこのボールです

  • スピン量:中
  • 打感:非常にソフト
  • 弾道:中高弾道
  • 適応ヘッドスピード:全領域
  • ディンプル数:376

 

HVC SOFT FEEL

飛距離とスピン性能を両立したコストパフォーマンス・モデル

  • スピン量:少
  • 打感:非常にソフト
  • 弾道:強弾道
  • 適応ヘッドスピード:全領域
  • ディンプル数:392

HVC SOFT DISTANCE

ソフトな打感を備えた飛距離追求のコストパフォーマンス・モデル

  • スピン量:少
  • 打感:ソフト
  • 弾道:強弾道
  • 適応ヘッドスピード:全領域
  • ディンプル数:440

 

 まとめ

今回はタイトリストのゴルフボールのラインナップ、そして特徴や性能などについて紹介しました

あのタイガー・ウッズもゴルフのギアで一番進化しているのはボールであると言っています

ひょっとするとボールを変えただけでスコアが良くなるなんてこともあるかもしれません

 

 

コメント