テーラーメイド「M5/M6 ドライバー」の特徴やラインナップなど

ギア情報

テーラーメイドの2019年発売モデル「M5/M6 ドライバー」の特徴やスペックを紹介します

クラブ選びの参考にどうぞ

 

スポンサーリンク

 

「M5/M6」ドライバーの特徴

 

View this post on Instagram

 

TaylorMade Golfさん(@taylormadegolf)がシェアした投稿

新技術「スピードインジェクション」

『M5/M6ドライバー』最大の特徴は「スピードインジェクション」と名付けられた新技術です

「スピードインジェクション」とはヘッドの反発係数をルール上最大限にチューニングする技術のことで、フェース面にある赤い二つの点がこの技術の象徴です

「M5/M6」は最初にルールをオーバーした反発係数のヘッドを作り、その後フェース面に開けた二つの穴からレジン素材を注入して反発係数をルール適合最大限にチューニングした後にその穴を塞いでいます。この穴を塞いだフタが赤い二つの点なのです

この技術は反発係数をルール適合ギリギリにしたということ以外に、製品ごとの個体差を少なくするということも可能にしています

ツイストフェース

前作の「M3/M4」に引き続きこの「M5/M6 ドライバー」でも『ツイストフェース』が搭載されています

この『ツイストフェース』はゴルファーの打点傾向を研究したうえで、「トゥ側上目」や「ヒール側下目」で打った時の弾道のバラつきを低減するようにフェース面が設計されています

リバースTトラックシステム

これまでのMシリーズのドライバーと同じく奇数番である『M5』には移動可能なウェイトによる弾道調整機能ついています。今回の弾道調整機能は「リバースTトラックシステム」と呼び、これまでよりも重心移動距離が拡大して進化しています

 

スポンサーリンク

 

「M5/M6」ドライバーのラインナップ

 

View this post on Instagram

 

TaylorMade Golfさん(@taylormadegolf)がシェアした投稿

ラインナップ

M5 ドライバー

  • ヘッド体積:460CC
  • ロフト:9度、10.5度
  • 標準装着シャフト:KUROKAGE TM5 2019(S、SR)  、45.75インチ

M6 ドライバー

  • ヘッド体積:460CC
  • ロフト:9度、10.5度
  • 標準装着シャフト: FUBUKI TM5 2019(S、SR、R)  、45.75インチ

M5 ツアー ドライバー

  • ヘッド体積:435CC
  • ロフト:9度、10.5度
  • 標準装着シャフト:KUROKAGE TM5 2019(S、SR)、45.75インチ

 

スポンサーリンク

 

メーカーカスタムシャフト

M5M6M5ツアー
Tour AD VR-6
Speeder 661 EVOLUTION V
Diamana DF60

*シャフトの長さは全て45.25インチとなっています

 

まとめ

今回はテーラーメイド Mシリーズの2019年モデル「M5/M6ドライバー」の特徴やラインナップなどを紹介しました

タイガー・ウッズなどのトッププロも使用しツアー投入直後から注目を集めているクラブですが、あの松山英樹プロも実戦で「M5ドライバー」を使用したので、今後更に注目度が高まる可能性があります

早めにチェックしておいた方が良いかもしれませんね

【2020年】松山英樹のクラブセッティング最新情報!

 

コメント