腕時計タイプのGPS式距離計測器(GPSゴルフナビ)のおすすめ3機種を紹介!

ギア情報

2019年のルール改正で「距離計測器の使用」が正式に認められ、これからのゴルフには距離計測器が必需品となってくるのではないでしょうか

今回は腕時計タイプのGPS式距離計測器(GPSゴルフナビ)のおすすめを紹介していきますので、参考にしてみて下さい

GPS式距離計測器(GPSゴルフナビ)の基礎知識、メリット・デメリットや種類など
2019年のゴルフルール改正で「距離計測器」の使用が正式に認められ、これから距離計測器を使ってみようと考えている方も多いかと思います 今回は『GPS式距離計測器(GPSゴルフナビ)』の基礎知識と...

 

スポンサーリンク

ガーミン

ガーミンはGPS性能に定評があるメーカーです。GPS式は距離測定の正確性が弱点ですが、その点に不安がある方、またデザイン性を重視する方にはガーミンがおすすめです

ガーミン アプローチ S20J

  • 国内5,000以上、海外14,000以上のコースをプレインストール
  • 高感度GPS(みちびき対応)
  • 長時間のバッテリー稼働時間
ガーミンのアドバンスモデルで、ゴルフルールにも適応しているので競技使用もそのままOKです。コースレイアウトの表示はありませんが、フロントエッジ、バックエッジ、グリーンセンター、レイアップ、ドッグレッグポイントまでの計測の他、ハザード(バンカーやウォーターハザード)までの距離も表示できます。また時計モードであれば約8週間の持つので、普段使いのスマートウオッチとしても十分に活用できます
◆主な仕様
重量42.2g
稼働時間時計モード:約8週間

GPSモード:約15時間

防水性能50m防水

ガーミン アプローチ S60


  • 1.2インチの大型カラータッチスクリーン
  • 全世界40,000以上のゴルフコース対応
  • 3測位対応+アシストGPS
  • 高低差情報を考慮した計測
ガーミンのハイモデルで、コースレイアウトや距離がフルカラーで表示されます。そして「S20J」の基本的な機能の他に、シリーズ初となる高低差情報を考慮したヤーデージ計測機能がついています(トーナメントモードをオンにすることで高低差情報の機能は無効にできます)。また工具などを使わずに簡単にバンドを取り替えることができ、シーンに合わせたスタイルチェンジが可能になっています
◆主な仕様
重量Black/White:52g

セラミック:61g

稼働時間時計モード:最大10日間

GPSモード:最大10時間

防水等級5 ATM

 

ショットナビ(Shot Navi)

ショットナビはGPSゴルフナビのパイオニア的なメーカーで、日本国内ゴルフ場カバー率100%(*2000ヤード以上のコースが対象)というのが強みです

ショットナビ W1-FW

  • 価格が1万円台とコスパ◎
  • フェアウェイナビ機能が超便利
  • 日本プロゴルフ協会推奨品

グリーンセンター、フロントエッジ、バックエッジ、そしてハザードまでの距離計測と基本的な機能の他に『フェアウェイナビ機能』という独自の機能が特色です。この機能では現在地から見ているフェアウェイ中心までの距離とそのフェアウェイの場所からグリーンまでの距離をナビゲーションしてくれるので、ドックレックホールや林越え、トラブルショットからのリカバリーの時などにとても役立ちます

 

 

◆主な仕様

重量75g
稼働時間ナビ使用時:約8時間

時計モード:最大約21日

防水機能5気圧防水

 

まとめ

今回は腕時計タイプのGPS式距離計測器(GPSゴルフナビ)のおすすめ機種を紹介しました

これからはゴルフの必需品となっていくと思います。スコアアップにも必ず役立つと思うので是非手に入れてみて下さい

 

2019年から正式に使用OKに!距離計測器の種類と初心者におすすめ機種を紹介
ゴルフ界では2019年からのルール改正が色々と話題になっていますが、アマチュアゴルファーにとっての朗報の一つは距離計測器が使用可能となったことだと思います すでにプライベートでのラウンドなどで使...

 

コメント