国内女子ツアーのQT制度

女子ゴルフ

ツアートーナメントに出場するためにはいくつかの方法がありますが、その一つがQTランキングの上位に入ることです

一つの大会には約90名が出場できますが、その内シード権を持つ選手は50名程度なので、残りの40名程度は主催者推薦とQTランキングの上位者が出場することになります

主催者推薦で出場できるのは年間8試合までと決められているので、大会に数多く出場するためにはQTランキングの上位に入ることが重要になってきます

 

スポンサーリンク

QT制度とは

QT(クォリファイング トーナメント)とはシード権を持たないプロやアマチュアが翌年のシード権をかけて争うトーナメントのことを言います

QTはファーストQTから始まり、セカンド・サード・ファイナルと4つのステージがあり、ファイナルQTの成績がQTランキングとなって翌年のシード権が決まります

選手によってどのステージから出られるかが異なるので、簡単に各ステージの概要をまとめてみました

 

ファーストQT

競技方法:3日間54ホールのストロークプレー

出場資格:①18歳以上の女子

②LPGA会員や国内ゴルフ場責任者などの推薦を受けた者など

通過者: 出場人数の20%タイまで

 

セカンドQT

競技方法:3日間54ホールのストロークプレー

出場資格:①LPGA会員及びTPD単年登録者

②ファーストQT通過者など

通過者:人数の明確な定めは無し(※2017年度は出場387人中173人が通過)

 

サードQT

競技方法:3日間54ホールのストロークプレー

出場資格:①セカンドQT通過者

②当年度のステップアップツアー優勝者

③当年度のステップアップツアー賞金ランキング6位~10位の者

④LPGA賞金ランキング70位迄の者(時期の目安は10月終了時点)など

通過者:人数の明確な定めは無し(※2017年度は出場201人中87人が通過)

 

ファイナルQT

競技方法:4日間72ホールのストロークプレー

出場資格:①サードQT通過者

②当年のシード選手で翌年のシードを獲得できなかった者

③LPGA賞金ランキング上位55名(永久シードを除く)の次点から上位5名の者~最終戦前の時点

④当年度のステップアップツアー賞金ランキング2位~5位の者など

 

このファイナルQTの順位がそのままQTランキングとなり、翌年のツアーへの優先出場権を得ることとなります

 

2018年度ファイナルQTの成績|2019年前半戦のレギュラーツアー出場権を得た選手を紹介
来季前半の出場権をかけた「2018年度ファイナルQT」が終了しました このファイナルQTの順位でランキング付けされたQTランキングをもとに来季レギュラーツアー前半戦の優先出場権が与えられることに...

コメント