突然やってくるシャンク!その原因と直し方

ゴルフ上達法

ゴルフでシャンクほどダメージが大きいこともそうないと思います

あと少しでグリーンオンというコントロールショットの時に起こりやすく、やっかいなのは一回シャンクをすると、次のショットにも精神的な影響が大きいことです

そして二回三回とシャンクすると、もうどうやってクラブを振っていいか分からなくなってきますよね

そうならないためにも シャンクが起こる原因と直し方は頭に入れておいたほうが得策です

 

シャンクの原因と直し方

シャンクとはボールがクラブシャフトのつけ根部分(ボーゼル)に当たり、ボールが右に 飛び出すことを言います

そしてシャンクが起こる最大の原因は、インパクト時の手元がアドレスの手の位置よりボール寄り(体から離れた位置)を通るということが挙げられます

手元(腕)が体から離れてしまう一番の原因は力みです

また初心者に多いのが下半身の動きが原因となるケースです。 ダウンスイングで右膝が前に出てしまうとシャンクの原因になります

 

これらを踏まえてシャンクがでた次のショットでは以下のことに注意しましょう

① 体重移動を抑え、下半身を固定する(左足重心のままスイング)

② インパクトでの手元はアドレスの時の位置を通過するイメージ

③ 手打ちではなく、肩の回転でスイングする

 

これらに注意して何回か素振りをした後に、怖がらずにスイングしてみましょう きっと結果はついてくるはずです

 

コメント