スリークォーターショットはコースでの武器になる!

ゴルフ上達法

ゴルフの基本練習といえばハーフスイングの練習ですが、ハーフスイングが上達してきた人、またはハーフスイングの練習に飽きてきた人が次に取り組むべき練習は、『スリークォーターショット』の練習になります

ここではスリークォーターショットの打ち方や注意点についてまとめました

 

スリークオーターショットとは?

ハーフスイングは腰から腰のスイングと表現されますが、スリークォーターショットは肩から肩のスイングのことを言います

トップはグリップが肩の高さ(もしくは左腕が地面と平行)、フォローでもグリップが肩の高さ(もしくは右腕が地面と平行)の範囲のスイングになります

このスイング幅でもフルスイングとあまり変わらない飛距離を出すことができるので、コースでの実用性は高いです

コースでティーグラウンド以外は平坦な場所がほぼありません。よほどしっかりしたスイングが出来ない限りフルショットではミスする確率が高くなりますよね。そこでこのスリークォーターショットの登場です

プロでも2打目以降はこのスイングが大半を占めていると言われています。飛距離を欲張らず安定したショットを打つことが、スコアアップに繋がります

 

スリークォーターショットの打ち方と注意点

スリークォーターショットの打ち方と注意点です

打ち方はハーフスイングの延長と考えて問題ありません

まずは素振りでハーフスイングから少しずつ振り幅を大きくしクラブの軌道がずれないようにスイングしましょう

 

ハーフスイングとの異なる点は

①トップの時(グリップが肩の高さ)に肩が顎の下に収まる

②トップまたはフォローでクラブが立っている~この時にグリップエンドがアドレスのボールの位置に向いている

ハーフスイングの打ち方はこちら

 

力んで手打ちになるとこの振り幅で抑えるのは難しく、オーバースイング(フルショット)になってしまいます。ハーフスイングと同じように体(肩)の回転で打つ意識が大切です

この振り幅に慣れてきたらフォローだけ少しずつ大きくしてみましょう。そうするとフルスイングとあまり変わらない飛距離が出てくると思います

 

このスイングが上達するとコースでは本当に武器になり、スコアアップに繋がるはずです。

今まで練習場でフルスイングばかりしていた人は、このスリークォーターとハーフスイングの練習を少し取り入れてみてはいかがですか

 

コメント